続けて 沖縄本島 ④2020年09月23日 08:47

空手会館を出てさっそく釣り場へと向かいます。

2020_09_06_04_沖縄.JPG


真っすぐ伸びる道路の向こうに広がる青空。
強い風雨に翻弄された前回とは違って今回の沖縄本島は暑さとの戦いになりそうです。

前回はヤンバルから読谷までの本島北部~中部を中心にポイントチェックを行いました。
そして今回は南部中心に動いてみる予定です。

2020_09_06_04_糸満お魚センター2.JPG


最初にやって来たのは糸満漁港周辺です。
サンゴ礁が張り出しているため海岸線が浅い南の海ではどうしても漁港を中心に釣って行くケースが多くなります。

糸満漁港は沖縄本島最大の漁港だけあって釣りが出来る場所は有るのですが、それでも釣り禁止の看板が立っている場所も多くて県外の旅人としては釣りが出来るのかどうか手探りが続きます。

探索と暑さに疲れてやって来たのはここ。
糸満お魚センターです。
似たような施設に那覇市の泊いゆまち市場が有りますが、こちらの方が全体的に少しお買い得な気がしました。

2020_09_06_04_糸満お魚センター1.JPG


沖縄ならではの鮮やかな色彩の魚が並んでいます。
値札の名前がはっきり見えますので解説はしませんが高級魚揃いですね。
個人的にはアカマチが好みですかね。
アーガイもイラブチャーの仲間の最高級品で、確かに臭みが無く旨味が強い良い魚ですがやっぱり高いですね。

そして長尾ミーバイの名前でバラハタも出ています。
沖縄方言でナガジューミーバイ、シガテラ毒魚ですが沖縄では普通に食べられていますし、大変美味しいですね。
ちなみに奄美大島ではけっこうアタる人が出ているらしく食べられていないようです。
シガテラ毒は食性によって蓄積する毒なので、奄美大島と沖縄とは餌が違っているんでしょうかね。

さてそろそろ釣りの再開ですが、外は猛烈な暑さです。
市場から出る気がしませんね。

沖縄本島 ⑮2020年09月09日 08:31

花織そば、初めて訪れたのはいつ頃だったでしょうか。
初めて沖縄本島を訪れてヤンバルからあてもなく海岸線沿いを南下して来た時に見かけたのが最初なので、もう15年くらい経っているのかも知れません。

2020_08_01_02_花織いそば2.JPG


中身そばです。
初めて訪れた時もオーダーしたのはこの中身そば。
スッキリしたスープと豚の内臓の旨味。
一切の臭みの無さがどれだけ手間をかけたスープなのかを想像させます。

この中身そば、大変に手間がかかるらしく沖縄でもあまり出してくれるお店が見当たりません。
私が知っているお店で3店。
宮古島の古謝そば、名護市の我部祖河食堂、そしてこの読谷の花織そばです。
その中では花織そばが一番好みに合っていると思います。
とにかく旨味の効いたスープが素晴らしいんですよね。

沖縄でもあまり見かけない中身そば。
他にも良いお店が有るはずなので、いつか中身そばメインで探索の旅をしてみたいものです。

2020_08_01_02_花織いそば3.JPG


この日は餃子も頼んでみました。
こちらもアベレージは越えていて大変に美味しいのですが、あえて頼む事も無い感じですかね。
このお店はジューシーも美味しいらしいので、ちょっと足したいのならそちらを頼むのもアリかも知れません。
そう言えば、このお店は他のメニューも充実しているのですが中身そば以外をオーダーしたのは初めてだったかも知れません。

2020_08_01_02_トリイステーション.JPG


トリイステーションです。
読谷の米軍基地の象徴とも言えますね。

読谷では旅人が気楽に釣りが出来るようなポイントは有りませんでした。
とは言え花織そばには時々食べに来たいですし、今後はどう動くのが良いのか悩みどころですね。

沖縄本島 ⑭2020年09月02日 07:36

2020_08_01_01_グリーンリッチホテル3.JPG


ホテルに掲示されていた周辺観光施設の情報です。
今回はコロナ禍の緊急事態宣言が解除された直後の旅です。
多くの施設の営業が中止されていて沖縄の観光業にとっては大きな痛手だろうと想像します。

さてこの日は読谷半島の探索です。
この半島はいくつかの漁港がポイントになっていた記憶が有ります。

沖縄西岸を海岸沿いに恩納村を抜けて読谷半島の海岸線をゆっくりとチェック開始です。
で、目に入った港を一つづつチェックしようと港内に入ってみたのですが、ことごとく釣り禁止になっていました。
恩納村に点在するマリーナは以前から立ち入り禁止なので近づきませんが、普通に漁港も釣り禁止ばかりです。
これはコロナ禍による暫定処置なのか今後とも釣り禁止となるのか良く分かりません。
とは言え、読谷半島の漁港は一つ残らず全て釣り禁止。
地元の人はそれでも釣りをするのかも知れませんが、単なる旅人の私は勝手な事は出来ませんね。

と言う事で今後は読谷半島には近寄る理由が無くなってしまいました。

2020_08_01_01_花織いそば.JPG


と、思っていたのですが、読谷に近づく大きな理由が一つ有りました。
花織いそば、沖縄本島で私が好きな沖縄そばの5本指に入るお店です。

2020_08_01_02_花織いそば1.JPG


壁には英語併記のメニューが掲げられています。
この辺りは嘉手納基地の米軍の人たちが多いエリアです。
お客さんも米軍関係の人たちが半数くらいを占めているので英語表記は必要ですよね。

さて、何を食べましょうか?
と言っても、このお店に来たら食べる物は決まっているんですけどね。

沖縄本島 ⑫2020年08月27日 09:49

新山そばで昼食の後、ポイントチェックに戻ります。
とりあえず、近場のポイントでミジュンの回遊の確認です。

まず、回遊の多い21世紀の森ビーチ。
冬以外に訪れるのは初めてでしたが、ここは本来海水浴場なんですね。
ビーチにはクラゲ避けのネットが張られ水着姿の男女が楽しそうにバチャバチャやってます。

そしてミジュンの姿は見えず。
まあ、こんなに人が泳いでいたら当たり前なんですかね。
それより強風による波のせいか水の濁りが気になります。

名護市周辺の湾状になった海岸線では他にもミジュンが集まるポイントが有ります。
とりあえず、最西端のポイントまでチェックしてみましたが、どこにもミジュンの姿は有りませんでした。
シーズンオフって事なんでしょうかね。

2020_07_25_01_A&W1.JPG


ちょっとA&Wで休憩です。
いつものようにルートビアを一杯飲みながら、今後の計画を立てて行きます。

昨日はやんばるまで北上しましたが、特に成果は無し。
この日は島の東岸をチェックする事としました。

潮周りの関係で河口域のポイントは干上がっています。
と言う事で各港を周って行く事としました。
範囲は宜野座漁港から泡瀬まで。
今回は久しぶりの本島なので、土地勘を取り戻すためにも広い範囲の移動をすべきでしょう。

と言う事で移動を繰り返しながら手早く状況を見て行きましたが結果は惨憺たるもの。
ここぞと言えるポイントが見当たりません。
特に毎回のようにミジュンの群れに遭遇していた浜田漁港が釣り禁止になっていたのが大きな打撃となりました。
一体何故釣り禁止になってしまったんでしょうか。

風雨も強くなり、雷も鳴り始めたところでこの日の釣りは終了です。
雷は怖いですしね。

2020_07_25_01_照らす家1.JPG


名護市に戻って夕食です。
この日は初めてのお店、照らす家です。
前日は雲茶、この日はいつもの居酒屋春海と行きたかったのですが定休日。
たまには新しいお店の開拓も必要でしょう。

と言う事でまずはオリオンと魚の酢味噌和えです。
なかなかの味わいとボリューム。
悪く無いですね。

2020_07_25_01_照らす家2.JPG


ピーマンを頼んでみました。
まんまピーマンですが、肉味噌が美味くて嬉しい一品となりました。

2020_07_25_01_照らす家3.JPG


そしてスペアリブ。
熱々の焼きたてが出て来ました。
仕込み済みのスペアリブを温めて出す店が多いと思いますが、たいていのお店は生ぬるいまま出て来ます。
このお店はきっちり温めてくれていたので合格だと思います。

以前はこのお店の名前は司だった気がしますが、経営が変わったんでしょうか。
名護市は店が少なくてあまり店を選ぶ事が出来ないのですが、このお店はローテーションに入れても良さそうですね。

沖縄本島 ③2020年07月20日 10:45

2020_06_30_01_善1.JPG


そしてコザでの夕食です。

お店は居酒屋 善。
私が知る範囲ではコザで魚を食べるならイチオシのお店です。

とは言え、訪れたのは3度目。
何度かチャレンジはしてみているのですが、釣り旅の中で立ち寄る関係で予約時間を決めるのが難しく満席続きでなかなか入れないんですよね。

2020_06_30_01_善2.JPG


メニューには地の魚が豊富なのですがこの日はグルクン3品を頼んでみました。
かなり大き目のグルクンを刺身、唐揚げ、お寿司の3種類の料理にして出してくれます。

そしてこの日はラッキーな事にオスのグルクンに当たったので白子ポン酢が付いて来ました。
繁殖シーズンのみの特典ですね。
グルクンのお寿司は初めてでしたが、刺身でも美味しい魚。
美味いに決まってますよね。

2020_06_30_01_善3.JPG


そしてマチのニンニクバター焼きです。

マチは沖縄でのフエダイ類の総称です。
関東でも高級魚とされるオナガダイなどもフエダイ、ヒメダイの仲間ですね。
しかしこの一品の魚は判別出来ませんでした。
かなり大型のマチなので沖縄で一般的なオオヒメダイ(マーマチ)なんだろうとは思いますが確証は有りません。

で、魚種は何でも良いのですが、これがとにかく美味い。
沖縄で一般的に使われるアメリカ生まれのチープな味のバターと言うかマーガリン、ニンニク、レモンが比較的あっさりしたマチにコクを与えています。
ちなみにマーガリンはホリディーマーガリンというのが定番らしいですね。

2020_06_30_01_善4.JPG


そしてシメのソーメンチャンプルーです。

で、気づいたのですがこのお店のソーメンチャンプルーは他のお店で食べた物と少し違います。
他の店で食べたソーメンチャンプルーは焼きビーフンのように野菜とソーメンの炒め物感が強いのですが、見て分かるようにこのお店のソーメンチャンプルーは火の通った油多めの具材と麺の和え物の印象がかなり強く感じられます。

この味は奄美大島の郷土料理の油ソウメンに通じます。
と言うか、油ソウメンそのもののように思えます。
ひょっとしたらこのお店の関係者の方で奄美大島出身者の方がいらっしゃるのかも知れませんね。