九州遠征 2014/04/13 ⑬2014年05月23日 10:54

残念ながらこの日は朝から強い雨が降り続き、ライギョ釣りが成立しませんでした。

仕方なく早上がりして博多へ。

2014_05_11_05_博多_テムジン_外観.jpg


この日のメインイベントはテムジンの餃子。

私は一月に一人で来ていますが、他のメンバーは数年ぶりになるので気合が入っています。

2014_05_11_05_博多_テムジン_酢モツ.jpg


まずは酢モツ。

必ず一人一皿頼むのですが、先日博多転勤帰りの友人に話すと、それは多すぎないか、と言われました。
しかし、皆でシェアするには美味すぎて足りません。

2014_05_11_05_博多_テムジン_餃子ニラ玉.jpg


そして、これが食べたくて博多に泊まる事にしたメインの焼き餃子。
奥に見えるのはニラ玉です。

そして、やはり美味い。

しかし、皆の舌にちょっとした違和感が有ったようです。
しばらく経って誰とも無く、皮が変わったのでは?との声が。

同じ感想を持ったらしく、皆賛同の声。

ここの餃子の皮は、ちょっとフカフカして極端に言えばショウロンポウのような皮です。
それがツルンとした普通の餃子の皮に近い食感に近づいていました。

何となく納得出来ず、更に一人当たり10個の追加注文をしてみました。

2014_05_11_05_博多_テムジン_レバテキ.jpg


追加の餃子が焼きあがる前に出て来たレバテキです。
フライパンで焼かれた豚のレバーを塩コショウ、好みで醤油や柚子胡椒などで食べるのですが、これが美味い。

ビールの次に頼んだ芋焼酎のロックに良く合います。

そして追加の餃子が目の前の鉄板で焼き始められますが、ここで気付きました。

餃子が冷凍になっていました。

ここの餃子は目の前で皮を伸ばして餡を包む手作り。
これは変わっていませんが、作り置いた餃子を冷凍にして後から使うようなシステムに変わっていたようです。

以前からもそうだったのか自信は有りませんが、今まで一度もこのような食感の餃子が無かったので方針が変わったりしたのでしょうかね。

まあ、今までたまたま運が良かっただけかも知れませんが。

餡の美味さは変わらずでしたが皮の美味さが少し落ちて、私達の中では他の店より少し美味い餃子レベルへと、ちょっと評価が落ちてしまいました。

それでも充分に美味いんですけどね。

ちなみに新宿にもテムジンの支店が有り後日試してみましたが、この店もほぼ同じ味、皮の餃子でした。

たまたま電話で餃子の注文をしていましたが、どうやら博多にオーダーしている模様。
気配で大名店の冷凍を取り寄せている気がしましたが、どうなんでしょうね。

同じ味の餃子を新宿で食べる事が出来るのなら、これからはあえて博多に泊まる必要は無さそうな気がします。

この店にはこの店なりの良い雰囲気は有るのですが、悩みどころですね。

九州遠征 2014/04/12-13 ⑫2014年05月22日 11:33

昼を過ぎてようやくライギョポイントへと移動を開始しました。

まずは玄界灘沿いの福岡県の西部。
河川がらみのポイントを攻めてみます。

しかし、天候は回復せず曇りから霧雨模様となり気温は上がらず反応無し。
周辺のポイントを巡るも反応無く、更に西へと移動する事としました。

複数の河川がらみのポイントをチェックするも反応無し。
予想通りとは言え、厳しい状況にちょっと気分が萎えて来ます。

考えた末、今居る福岡のポイントではラチが開かないと判断し60キロほど大きく移動する事としました。

そこは佐賀県の西の端、良いシーズンなら確実に反応が有るポイントです。

しかしこの時点で16時近く、まだ日暮れも早く気温の落ちも早い時期。
一つの賭けですね。

いつの間にか整備されたバイパスの効果も有り、現地到着は17時半くらい。

期待を持っていつものポイントにフロッグを打ち込みますがしかし無反応。
こりゃダメですね。

更に近くのポイントを暗くなるまで打ってみるも全く反応無し。

策も尽き、薄暗くなったクリークを後にして宿泊予定の鳥栖市へと車を向ける事としました。

今日の宿は鳥栖市のチサンイン鳥栖です。

チサンイン鳥栖

鳥栖市は初めてですが、ボロボロだった釣りで疲れた神経を何か美味い物でも食って癒す事にしました。

ところがホテルに着いてビックリ。
このホテル、鳥栖駅から二駅離れた新興住宅街に立地し、辺りには食事が出来る店がほとんど無い事が分かりました。

ホテルの隣にドライブインみたいな造りの居酒屋が一軒有りますが、それ以外は良く分からないイタリア料理店やラーメン屋が一軒づつ見えるだけです。

車に戻り辺りを流してみますが周りは薄暗く、道路沿いにポツリポツリと並んでいる店も高級そうなケーキ屋や洋服、インテリアを並べている店ばかりで入れそうな店は無し。

どうやらこの辺り、近くに有るアウトレットを当て込んで最近造られた町のようでした。

鳥栖プレミアムアウトレット

チェックインを済ませ食事の為に外に出てみましたが、やはり隣に見える焼き鳥屋一軒だけが頼りのようです。

同じホテルから出て来る何組かのお客さんも、周りをキョロキョロしていますが、あてが無さそうな気配。

入れる店は一軒だけなので、一杯になるのを恐れてその店に急いで入る事にしました。

そのお店の名前は、「米五号」と言うチェーン居酒屋でした。

焼き鳥 米五合

現地は弥生が丘なのですが、何故か鳥栖市のお店しか食べログに出ていなかったので、そっちを載せてみました。

入ってみた結果は合格、と言うか良いお店。
食べ物も美味しくお店の方々も気分良い対応で、ちょっと荒んでいた心も少しづつ和らいで来ました。

2014_05_18_2_鳥栖_米五号_馬刺し.jpg


あまり写真を撮らなかった内の一枚。

薄暗くて何だか分かりませんが、馬刺しです。
嫌いでは有りませんし、むしろ好きなのですが滅多に頼まないメニューです。

2014_05_18_2_鳥栖_米五号_野菜サラダ.jpg


野菜サラダ、写りが悪いですね。

その他にも焼き物や炒め物を数点注文しましたが、どれもこれも及第点。

辺りに一軒しかないこのお店、心配でしたが最終的には正解だったようです。

私達が入店した時もほぼ満席近かったのですが、その後もポツポツとお客さんがやって来ます。

もちろんホテル前でキョロキョロしていた夕食難民も何組か入って来ました。
皆、無事に夕食にありつけたようで何よりです。

翌日は朝から土砂降りの雨。

低気温と雨でライギョ釣りが成立するはずも無く、ホテルでギリギリまでうだうだするも予定は立たず。

仕方なくガラにも無く近くのアウトレットを見物する事にしましたが、場違い感が半端無く撤退。

未練がましく佐賀市内へと向ってみるも、昼食を摂るくらいしか出来る事は有りませんでした。

2014_05_11_04_阿羅漢_焼きソバ生卵.jpg


佐賀市内の焼きそば屋さん、「阿羅漢」の焼きそば生卵乗せです。

この店に通い始めて何年経ったでしょうか。
訪れる旅に爆発的な釣果を見せてくれていた昔の佐賀の姿を思い出させてくれる、私にとっては大事な思い出の店の一つです。
その後、ブックオフやマンガ倉庫などで暇つぶしをしましたが、天候は回復せず。

踏ん切りを付けるべく、狙っていたポイントに向いましたが、雨に加えて強風も吹き荒れ、寒さの余り数投で撤退し今日の宿泊地、博多へと撤収する事にしました。

どうにもこうにも打つ手が有りませんね。

東海でライギョ2014年05月18日 10:02

昨日は東海方面のポイントにライギョ釣りに行って来ました。

しかし結果は散々。
散々と言うか、むしろ釣りが出来なかったと言った方が良いかも知れません。

かなり広いポイントなのですが、この日は草刈、クリーンナップのイベントらしく、専門の業者では無さそうな一般市民らしき人々が数百人各所に散って草刈とゴミ拾いをしていました。

重機やトラックも入っていて、一生懸命に働く姿の横でロッドを振るのは憚られ水辺に近寄りづらい状況でした。

また元々この時期はカバーも少なく、釣りが成立するエリアは狭くて苦労します。

その少ないエリアも親水イベントが開催されているらしく、何十人か分かりませんが網を持った小学生が小魚を追い駆けてバシャバシャと水辺を走っていて釣りどころでは有りませんでした。

何人かライギョ師を見かけましたが、苦笑い。
ライギョ釣りは諦める事にしました。

2014_05_18_0_さわやか_オニオンソース.jpg


仕方無いので静岡県人のソウルフード、「さわやか」でハンバーグを。
基本通りのオニオンソース。

昨日は創業価格フェアだったらしく、飲み物もついて1,028円。

250グラムと大振りの肉は脂身がほとんど無く、噛み締めるとしっかりした歯応えと赤身の旨味が凝縮された肉汁がどっと口中に溢れます。

いや、これは本当に美味いですね。

このお店、静岡県内だけに展開するレストランチェーンですが、これだけ美味いハンバーグは値段の張る専門店でも余り食べた記憶が有りません。
素晴らしいですね。

2014_05_18_0_海鮮市場.jpg


その後は仕方なく何か釣れないかと海辺へ。

通りかかった清水市の一般消費者向け魚市場、「河岸の市」に立ち寄ってみたり。

しかし、この市場、地場の魚はほとんど無くて、千葉や萩、四国、長崎その他の他の地域の魚がメイン。

この清水市の漁港、有名な水揚げ港だけ有って色々な地方からの魚が集まっています。
それに比べると地元の零細な漁師さんの水揚げは少なく、こうした商品構成になっているんでしょうね。

地の魚が見たい私には、ちょっと残念でした。

もちろん多くの地域から様々な魚が集まり、珍しくかつ安く買えれば大変に有り難い話です。
ただ一部の店で、鮮度が明らかに劣る魚を売っていたりするのがちょっと気になりました。

2014_05_18_0_東海大学_望星丸.jpg


海辺に東海大学の自習船なのか調査船なのか、立派な船が停泊していました。

「望星丸」、夢の有る実に良い名前ですね。

ライギョ釣り とKent2014年05月17日 03:52

今からライギョ釣りに行って来る事になりました。

とは言っても今回は遠征では無くて近場の日帰りです。
最近は遠い釣り場ばかり行っていて、近場と言えば毎年の伊豆合宿だけでした。

たまには近場で気軽に釣ってみたいと思います。

2014_05_17_Kent.jpg


大井町のイトーヨカドーの中をうろうろしていると、懐かしのブランド「Kent」が入っていました。
どう言う事情か良く分かりませんが、Kentはイトーヨーカドーが管理するブランドになっているようですね。

何故、突然「Kent」なのかと言うと、このロゴを見てちょっと思い出す事が有ったからです。

私が若い頃、高校生の頃になりますが、世の中はアイビーと呼ばれるファッションが全盛でした。

元々ファッションに興味が無い私も、その波に飲み込まれていたものです。

その頃のブランドを上げるてみると。

まずはVAN、アイビーの仕掛け人みたいなものでしょうか。
その頃の若いのは、上下ともVANのアイテムを揃えていたのが多かったはずです。

ちょっとお金が有れば、Kentを。
そう、KentはVANの上位互換のブランドだった気がします。

もう少しお金が有れば、パイプのマークのトロイブロス、そしてマクレガーでしょうか。

もちろんスーツならブルックスブラザースやJ.PRESSなどが有りますが、トラッドと呼んだ方が良さそうなそっち方面に行く事は有りませんでした。

シーズンにもよりますが、私が愛用していたのは上はVANのスイングトップとボタンダウン。
マクレガーや伝統のバラクータなどは手が出ません。

下はやはりVANのスラックス、夏はコットンパンツ。

もちろん裾は絞ってあり、裾幅は18センチ、4センチまたは4.5センチのダブルです。

靴はリーガルが定番ですが、貧乏な高校生はハルタの靴でごまかします。
もちろん私もハルタ。

これに私の唯一のKentブランドのステンカラーのコートが加わります。

久しぶりに目にしたKentブランド。
ヨーカドー資本っぽいのがどうも微妙な心境ですが、懐かしい気分にさせてくれました。

せっかくなので、軽くアイビーで上下を揃えてみたので、その内に日記にしてみたいと思います。

2014_05_17_マルタイラーメン.jpg


何気にマルタイの棒ラーメンの写真を。

前にも書きましたがマルタイがピンチです。
皆さん食べましょうね。

九州遠征 2014/04/12 ⑨2014年05月14日 09:49

朝食も済み、九州へと移動です。

その前にちょっと観光を。

普通は釣りに出かけると、まず観光する事は有りません。
ですが今回は、数日前から、そして前日の寒さから、もう内心ライギョは諦めモードになっていたので、ちょっとウロウロする事にした訳です。

訪れたのはここ、大きなフグが目印の唐戸市場です。

2014_05_11_02_下関_唐戸市場_フグ像.jpg


大きさは4~5メートルほどでしょうか。

市場の搬入口辺りから、市場の外に向って辺りの様子に目を光らせています。

2014_05_11_02_下関_唐戸市場_場内.jpg


場内は大変に広く、魚介類を中心に140店舗ほどが店を開いているようです。

もちろんフグを始め魚のバリエーションは広く、鯛、ブリは当然として、磯の小魚、外洋の回遊魚、サザエ、ウニなど多種多様です。

2014_05_11_02_下関_唐戸市場_サザエ.jpg


サザエが1,000円で売られていました。
これだけの量なのに、えらい安さですね。

2014_05_11_02_下関_唐戸市場_フグヒレ.jpg


ヒレ酒にするフグのヒレも売っていました。
コイツを軽く炙って熱燗を注いだヒレ酒は、良い出汁が出てとても美味しいですね。

この唐戸市場、人口30万人弱の下関市の人口を支えるにはその規模はアンバランスなほどの大きさです。

きっと周辺の地方都市、そして北九州市もこの市場に食生活を支えられているんでしょうね。

唐戸市場の外にはカモンワーフと言う名前の広場が広がっています。

2014_05_11_02_下関_唐戸市場_場外フグ.jpg


そこにもフグの像が。
もう至る所にフグの像やイラスト、キャラクタが目に着きます。

しかし、どうしてコイツラ、一匹残らず目付きが悪いんでしょうね。