宮古島GW遠征日記 2014/5/7 222014年07月29日 11:52

さて、明けて7日最終日です。

飛行機は12時前、那覇乗り継ぎ17時過ぎのスカイマーク便。

ゴミを片付け、荷物を整理し世話になった部屋に分かれを告げます。
今回のウイークリマンション広小路、清潔さ、価格、便利さ、全てに合格点を出して良いと思います。

釣りの結果が出ていないので足が遠のきそうですが、また宮古島に訪れるならもう一度使いたい宿ですね。

島の西部で翻弄されたマゴチの群れを釣り上げたい気はしますが、次回はいつになるでしょう。

レンタカーを返却しようと事務所に連絡すると、鍵を付けて駐車場に置いたままで良いとの事。
最後までアバウトな島の流儀が貫かれてますね。

飛行機は無事に那覇空港へと着陸し、これから4時間ほどの時間が自由に使えます。

2014_07_13_02_ゆいレール.jpg


まずはゆいレールを使い旭橋駅まで向います。
ここには私達の好きなステーキハウス、「ステーツサイズ」が有ります。

那覇市には久米、辻辺りにちょっと怪しい歓楽街が有り、アメリカ統治時代からステーツサイズはAサインバーとして店を開いていました。

ステーツサイズ跡地

今は何だか良く分からない無料案内所になっているようですが。

店の雰囲気、何だか良く分からないステーキの下味、時間が止まった店内の空気を含めて、全ての点で私達を魅了していました。
しかし残念ながら数年前、店主の健康の関係で辻の店を畳んでしまいました。

その後、当然ながらこの店のステーキを食べる事は出来なかったのですが、店を閉めて一年後くらいでしょうか、この店を愛する有志が旭橋駅の近くに店を開いたという情報が入りました。

一度は訪れたものの、その後沖縄本島に立ち寄る事は少なくなり、久しぶりの訪問です。

2014_07_13_02_ステーツサイズ跡.jpg


店は無くなっていました。

一度訪れた時、そのステーキの味が以前とはやはり違っていたのには気付いていましたが、お客さんを掴む事が出来なかったんでしょうかね。
大変残念ですが、「ステーツサイズ」直系の店はこれで絶えてしまったようです。

2014_07_13_02_ジャッキーステーキハウス_外観.jpg


気持ちの上では完全にステーキを食べるモードになっていたので、近くに有るこの店、「ジャッキーステーキハウス」にやって来ました。

この店はもはや那覇市のステーキハウスの顔と言っても良い存在なので、沖縄に行った経験が有れば大抵の人は知っているみたいですね。

2014_07_13_02_ジャッキーステーキハウス_内部.jpg


店内の様子です。

「ステーツサイズ」はちょっと暗い雰囲気を持っていましたが、この店はひたすら明るい能天気なアメリカの古き良き時代を現しているようです。

さて、何を食べましょうかね。

宮古島GW遠征日記 2014/5/6 212014年07月25日 10:55

結局は宮古島遠征では一匹の魚も釣る事が出来ませんでした。

これも釣り、仕方無いですね。
とりあえず、最終日の夕食へと向います。

2014_07_12_04_次男寿司_外観.jpg


最後も「次男寿司」、せっかくなのでこの店で宮古島の最後の食事を終える事にしました。

2014_07_12_04_次男寿司_マグロ刺身.jpg


今回はマグロの刺身、刺身盛り合わせだと食べきれないのが分かったので少しでも少なめと思いましたが、それでもたっぷりです。

暑ければもっと美味いでしょうが、それでもオリオンビールはやはり良いですね。

この店は今回これで3回目、いつも同じ席に座っていましたが、今日は隣に地元のオジサンが座っています。
集中的に訪れて同じ席に座っていたので目立ったのか店主が喋りかけて来て、その会話に隣のオジサンも加わって来ました。

2014_07_12_04_次男寿司_おじさん.jpg


せっかくなので写真を撮らせてもらいました。

会話と言っても、宮古島の印象や訪れた回数、何しに来たのか、などタワイナイ話です。
それでも宮古島の好きな銘柄の泡盛をカラカラで注文し、注ぎあううちに何となく島の空気が体に沁み込んで来るようでした。

2014_07_12_04_次男寿司_カツオ刺身.jpg


そのオジサンが頼んでいた刺身です。
皮の光り具合から見てカツオのようですね。

思ったよりこの店で時間を使っている内に、常連さんも増えて来て会話に加わる人も増えて来ました。

宮古島らしくオトーリの流儀を教えてくれる者有り、隅っこで集まって既にオトーリ開始の気配を見せる人達有り。

私も挨拶替わりに数杯オトーリを回させてもらったところで、その日は約束が有ると言う事でお暇させてもらう事にしました。

店を出て向うのはバー、「THINK」。
最後なので、少しゆっくり目に久しぶりのジンを主体にいくつかカクテルを楽しんで帰るつもりです。

翌日は11時の那覇行きの便なので、釣りをする時間は有りません。
帰りも那覇での待ち時間が4時間ほど。

どこに行くかは決めてあるので、そっちもちょっと楽しみです。

宮古島GW遠征日記 2014/5/6 ⑲2014年07月19日 02:57

最終日、南部のポイントを周りますが、反応が得られません。

2014_07_12_02_南部ポイント1.jpg


隆起サンゴの石灰岩の感じが分かるでしょうか。
雨、海水で浸食されナイフのように薄くなった岩肌が続きます。

この岩は大変危険で、素肌で触れると傷が着きますし、転倒して手でも突こうものならザックリと切れる可能性が有ります。

もちろん座り込むとジーパンなどはすぐに破れてしまうので、南洋遠征する大物師は皮の尻当てを準備して臨んだものです。

2014_07_12_02_南部ポイント2.jpg


一度だけ中型のヒラアジが追い駆けて来たポイントです。

しかしこの日は何の反応も無し。
遠くの丘の上に東屋が見えるので分かる人には分かる場所ですね。

2014_07_12_02_来間島2.jpg


南部のポイントで反応が得られず、来間大橋を渡って来間島へ渡ってみました。

島の周囲に所々海岸線へと下りる道が有るので今まで降りた事が無い小道を選んで入りこんで行きます。

2014_07_12_02_来間島1.jpg


残念、浅いビーチが広がるだけで魚が釣れる気配は有りません。

海へと向うケモノ道のような踏み跡は、釣り師が付けた道もあればビーチで海水浴をする為の道も有ります。
この道は水遊び用の道みたいですね。

2014_07_12_02_来間島3.jpg


更にポイントチェック。

ここはかなり広く磯が続いていて、かつ多少深くなっています。
コンディションさえ良ければミーバイ程度は居るはずのポイントなのですが、何ら反応無し。

こりゃ打つ手無しですかね。

宮古島GW遠征日記 2014/5/6 ⑱2014年07月18日 11:36

明けて6日、明日は午前の便で那覇に向うので、実質宮古島最終日になります。

とは言ってもやはり雨が降っているわけで、梅雨入りしてすぐという事も有り天候が悪いのは仕方有りませんね。

とりあえず朝食でも食べて天候回復を待ちましょう。

2014_07_12_01_マクドナルド_ソーセージエッグマフィン.jpg


マクドナルド、ソーセージエッグマフィンのチーズ抜きです。

最近でこそマクドナルドのダブルバーガーチーズ抜きを時々食べていますが、それまでは朝食のマフィン以外はほとんど食べませんでした。

あまり好きでは無いマクドナルドでも、これだけは時々食べたくなる味なんですよね。

2014_07_12_01_日本最南端マミマ_宮古島松原店.jpg


ゆっくり時間を潰していると晴れ間は見えないまでもようやく小雨も上がり、何とか釣りが出来そうな天気になって来ました。

そしてマクドナルドの出口近くに有るファミリーマートです。
何故コンビニの写真を撮っているかと言うと、この店が日本最南端のファミリーマートだからです。

しかし、以前は最南端を謳った看板を表に出していたのですが、それが見当たりません。

ファミリーマートのHPを見ても、それ以降これより南の島に店舗が増えた気配は有りません。

空港の近くにファミリーマート鏡原店と言うのが有りますが、実はここが微妙に最南端のような気がするので、それが原因だったのかも知れませんね。

とはいえ、今年からファミリーマートは石垣島に進出するそうなので、どちらにしろ最南端の称号は石垣島の店舗に移ってしまうのでしょう。

2014_07_12_01_シュレイダー道路.jpg


天候も回復し、風を背に受ける南部へと車を走らせます。
何ら釣果は得ていないのに毎日南部ばかり訪れていますが、風で釣りさえ出来なくては意味無いですからね。

2014_07_12_01_南部ポイント1.jpg


ちょっとしたワンドになっており、深さ、根の入り具合、潮通し、魚が居ない要素が思い当たりません。

しかし、無反応。
上層、中層、根を擦るように底も攻めているのですが、生命感が全く有りません。

2014_07_12_01_南部ポイント2.jpg


ゴツゴツした隆起サンゴの磯場を慎重に越えて水際に立ちますがやはり反応無し。

困ったもんですね、これは。

宮古島GW遠征日記 2014/5/5 ⑰2014年07月17日 11:07

この日も不発の釣り、宮古島の厳しさが身に沁みます。

嘆いても仕方ないので食事に出る事にしました。
宿のウイークリマンション広小路から南へ、商店が少し集まっているスーパーのかねひで方面へと歩いて行ってみます。

2014_06_30_05_浅草.jpg


途中に有る新装開店の寿司屋さん、「浅草」が開いていました。
最近開店したらしいのですが、初めて開いているのを見ました。

ウイークリマンションのオーナーのお勧めの店なのでさっそく店を覗いてみましたが、当日は残念ながら満席で予約が無いと無理との事。
店の女の子が板前さんに話をしてくれてましたが、どうしても空かないようです。

残念ですが次回に回したいと思います。

仕方ないので、お気に入りの居酒屋「次男寿司」へ。
しかしこの日は定休日でした。

辺りのお店をウロウロして探してみますが、やはり休みばかり。

都内ではサラリーマンをターゲットとする店が多いせいか日曜日が定休日のお店が目立ちますが、地方では月曜日が定休日のお店を良く見かけます。

ここ宮古島でも同じようですね。

雨の中、かなり歩き回って何軒かメボシを付けた内の一軒に入ってみる事にしました。

2014_06_30_05_福八.jpg


選んだのは「ファミリーレストラン福八」です。

ファミリーレストラン福八

もちろん事前の情報が有る訳でもなくて飛込みで入ってみました。
こう言う時にスマホでも有れば情報収集出来て便利なんでしょうね。

2014_06_30_05_福八_ゴーヤ炒め定食.jpg


頼んだのはゴーヤ炒め定食とビール。
特に量が多い訳でもなく普通に出て来ました。
値段も味も普通。

とは言え、他のお店が休みの中で営業してくれていて助かりました。
雨の中を店を探して放浪するのは本当に疲れていましたから。

とりあえずお酒を追加する事も無く宿に戻って、買い置きの泡盛を一杯。

2014_06_30_05_宮の華.jpg


名酒、「宮の華」です。

かつて目黒に有ったコンビニ、「ニコマート」で出会い、一発で私を泡盛ファンにしたお酒です。

その香りは花のように華やか、一般的に泡盛と聞いて想像させる土臭い匂いは一切有りません。
軽い甘味と軽めの麹の味わい、ペリエとの愛称が最高で、香りは全く違いますがジンのようなスッキリした風味を感じさせる一杯に仕上がります。

この風味は、「ニコニコ太郎」や「菊の露」にも通じる物が有ります。

きっと宮古島の水がこの味を生み出すんでしょうね。

今は「白百合」のように癖の有る泡盛が一番の好みになりましたが、たまに「宮の華」のような酒も良いものですね。