ダイオウマツ2021年01月25日 00:01

スマホの画像を整理している時に見つけた画像をいくつか日記にしておきます。

2021_01_24_01_ダイオウマツ.JPG


これは大分の親戚の庭にたくさん転がっていたダイオウマツの松ぼっくりです。
写真のように泡盛の瓶の肩くらいの大きさ。
20センチ弱の巨大さです。
実家の整理をしていると棚の奥から出て来たヤツですが、私が子供の頃に拾って来た物なので、50年くらい前の松ぼっくりでしょう。

この大きな松ぼっくりは子供時代には自慢の一品でした。
大人になってからも、この松ぼっくりの存在を説明してもなかなか信じてもらえなかったのを覚えています。

ちなみにこの親戚の家の庭にはこの松ぼっくりが生る巨大な松の林と、玄室を備えた立派な古墳と大岩で造られた合わせて二つの古墳が有ったのですが、去年訪れた時にはどちらも跡形も無く壊されて整地されていました。
畑仕事をしていると時々土器やツボが出土する土地柄で、床の間にはいくつかの土器が並べられていたのを覚えています。
まあ、今となっては家も取り壊されて跡形も無いので、それらの遺物がどうなったのかはもう分かりません。
貴重な資料となったのかも知れませんね。

ちなみに大岩で造られた古墳はゴミ捨て場として活用されていましたが、今考えると何だかなあ、ですね。

2021_01_24_01_天のつぶ.JPG


そして素晴らしく美味かった、福島は会津若松の米、天のつぶです。
山形県の山形95号とこの天のつぶが私の中では美味さの双璧をなすお米ですね。

2021_01_24_01_カニ注意.JPG


そして沖縄の海岸沿いに走る道路に立っていた看板です。
繁殖期の満月の夜、カニ達は集団で海に産卵のために山から下りて来るので、道路はカニで埋まってしまうと思います。
宮古島でも似たような標識が建てられていますが、私はまだそのカニの行列を見た事が有りません。
いつか見てみたいものですね。

2021_01_24_01_アダン.JPG


南の島と言えばこれ、アダンの実。

コロナ騒ぎで南の島を訪れるのはなかなか厳しい昨今ですが、もうすぐ春がやって来ます。
何とか早くこの騒ぎが落ち着いて、南の強い日差しを楽しみたいものですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
当ブログの管理人のハンドルネームは「しおさば」です。
当ブログの管理人のハンドルネームは何でしょう?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fisheaters-paradise.asablo.jp/blog/2021/01/24/9340747/tb