東京都写真美術館 138億光年 宇宙の旅 ①2021年02月01日 02:31

2021_01_16_01_東京都写真美術館1.JPG


先日、エビスガーデンプレイスの東京都写真美術館で開催されている写真展に行ってみました。
目的は宇宙をテーマにした「138億光年 宇宙の旅」と名付けられた展覧会です。

この写真は月から見た地球の姿。 右上部に広がる茶色の地域はサハラ砂漠だと思われます。

2021_01_16_01_東京都写真美術館2.JPG


そして月面活動を行う人類の姿。
アポロ11号が月面着陸を成功させたのが1969年。
コンピュータの性能も今一つのあの時代によくぞ月に到達出来たものです。

そう言えば、アポロは実際には月面着陸をしていないとかなんとか言う陰謀論らしき話題を時々目にする事が有ります。
幸い身の回りにはそのタイプの人物は見当たりませんが、本気で信じている人が居たりするのでしょうか。
まあ、もし居たらあまり関わり合いにならない方が良さそうな気がしますね。

2021_01_16_01_東京都写真美術館3.JPG


NASAの火星探査ミッションで活躍している探査機キュリオシティの自撮り画像です。

2012年8月に火星に着陸してもう10年弱活動を続けています。
電力は原子力電池で15年は持つらしいので、まだまだ頑張ってくれそうですね。

2021_01_16_01_東京都写真美術館4.JPG


そして太陽からアーチ状に大きく弧を描いて吹き出すプロミネンス。
向こう側の明るい活発な活動はフレアでしょうか。

フレアと言えば私の最も好きなSF小説家ラリー・ニーブンの名作「無常の月」を思い出します。
数々の名作を生みだした、と言うかほぼ全ての作品が名作と言って良いでしょう。
抒情性とハードSFらしさを併せ持つこの短編は初めてラリー・ニーブンの作品に触れるには適した作品だと思います。
書店で見かける事が有ればぜひ手に取って頂ければと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
当ブログの管理人のハンドルネームは「しおさば」です。
当ブログの管理人のハンドルネームは何でしょう?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fisheaters-paradise.asablo.jp/blog/2021/01/17/9338633/tb