最近の国際展示場2020年06月01日 11:44

2020_05_25_01_国際展示場1.JPG


コロナ騒ぎで人影の消えたビッグサイト前の広場です。
コミケを初めいつも各種のイベントが開催されていたのですが全てのイベントが中止されて人通りは有りません。
近くのオフィスに勤める人たちもテレワーク化したのか姿をあまり見る事が有りません。

2020_05_25_01_国際展示場2.JPG


毎年この時期に咲く白い花。
沈丁花のような甘い香りに誘われるのか、毎年この花の周辺にクマバチが集まって来ます。

ほとんどがメスバチを待っているオスのクマバチのようで、行き交う人々を見つけるとメスバチかどうかとりあえず飛びついて確認している姿が見られます。
大きな羽音のクマバチが飛びついて来ると無害だと知らない人はちょっと驚いているようです。

毎年彼らが現れるのを楽しみにしているのですが、今年は姿を見る事が出来ませんでした。
私はコロナ騒ぎの間はシフト勤務となり毎日午後遅く出勤しています。
クマバチの彼らが出勤するのは午前中の早い時間帯なのですれ違いです。
来年は会えるでしょうかね。

2020_05_25_01_国際展示場3.JPG


いつの間にやら設置されていた謎のオブジェです。
この辺りは去年から整備が行われていたのですが、その工事も落ち着いたようです。
花の文字を模していますが今のところ花壇など花を感じさせる要素は見られません。
何になるんでしょう。

それよりも手前に見える赤い橋は何でしょうか。
川は流れていないのですが。
日本有数のがっかりポイントであるはりまや橋に似てる気もするのですがこれからこの辺りはどうなって行くんでしょうね。

持ち帰り寿司 太作2020年06月03日 08:45

2020_04_30_1_太作1.JPG


唐突ですが北九州小倉の持ち帰り専門の寿司屋さん、太作です。

左側に入り口のように見える引き戸がわずかに開いていますが、このわずか50センチくらいの隙間からこの日に販売されているお寿司を見る事が出来ます。
何故かこの扉は全開にされる事は無くて狭い隙間から店のご主人とやり取りをする事になります。
見た目は普通の寿司屋のようですし、隙間から見える店内は営業可能な寿司屋の造りになっていますが持ち帰り以外の営業をやっていません。
何とも不思議なお店です。

2020_04_30_1_太作2.JPG


にぎりのセット、1000円です。
家に持ち帰ってすでに醤油をかけてしまっているので見た目は悪いですが、物は1000円の価値を越えています。

2020_04_30_1_太作3.JPG


こちらは鉄火巻き。
巻き方は雑ですがマグロはかなり上質な物が使われています。
と言うかこのお店のお寿司、ネタは最高の物が使われていて持ち帰り寿司のレベルをはるかに超えています。

私はこの2種類以外にフグの寿司を良く買って帰るのですが、折詰いっぱいに並ぶフグの寿司は壮観でさえあります。
このお店は夕方6時半から3~4時間程度しか開いていませんが、もし小倉に寄る事が有れば試してみられる事を強くお勧めします。

2020_04_30_1_クサフグ.JPG


小倉の台所と呼ばれる旦過市場で見かけたクサフグです。
最近はこの市場も規模が小さくなってしまいましたが、それでも頑張って営業しているお店が並んでいます。
そして小倉と言えばやはり魚屋さんがメインになります。

このクサフグ、以前は全身に毒が有る事になっていて、売買は禁止されていました。
図鑑でも肉に猛毒が有り食用では無いと記述されていましたが、今では認識が変わって食用可能とされています。
もちろん内臓を食べると死んでしまいます。

まあ図鑑でどう記載されていようが、小倉では昔から釣って帰ったクサフグは家庭で調理して食べてたんですけどね。
ちなみにクサフグはなみいるフグの中でも最高の食味を持っています。
肉の歯ごたえ、旨味、トラフグを越えて来ます。
私は刺身か味噌汁にしていましたが、意外に煮付けとかでも美味しい物です。

北九州周辺では暖かくなるとクサフグは嫌と言うほど釣れて来ます。
試してみるとしても慎重に調理する必要が有りますし処理を誤ると死んでしまうのでお勧めする事は出来ませんが。

キャンドゥ2020年06月08日 00:01

2020_04_30_2_キャンドゥ1.JPG


職場の近くのビルに100円ショップのキャンドゥが入っています。
100円ショップには時々面白い商品が並んでいるので偵察がてら店内を巡回しています。

そして見つけた謎の商品、古銭の形のビスケットです。
メーカーは日清シスコと言う名前ですが、これは日清食品と関係有るんでしょうかね。

左右ともにパッケージが違うのですが、中身も違っているのでしょうか。
そして何故古銭の形のビスケットを作ろうと考えたのでしょうか?
こういう面白商品は大好きなので、売り上げにかかわらず並べてくれると嬉しいですね。

2020_04_30_2_キャンドゥ2.JPG


ズラリと並んでいるふりかけ達。
スーパーより品ぞろえが良さそうです。

この中で気になるのは、定番ののりたまは置いておいてバター醤油とうなぎでしょうか。
どんな味だか気になります。

2020_04_30_2_キャンドゥ3.JPG


そして時々見かけるオリオンの駄菓子です。
真ん中の列ですね。
シャレが効いたパッケージデザイン、面白い商品ですね。

このオリオン、名前から見て沖縄のオリオンビールに関係する会社かと思っていました。
沖縄のオリオンビールも★のマークが目印ですが、こっちのオリオンは大阪の会社のようでした。
調べてみたところ、あの駄菓子の名作ココアシガレットを送り出している会社のようです。

あの頃、ココアシガレットを買っていた駄菓子屋さんはもう有りません。
60年ほど前の駄菓子屋さんの薄暗い店内の光景を思い出します。
子供の頃大変にお世話になった会社だった事が分かって、ちょっと感慨深い物が有りますね。

アリジゴク2020年06月10日 14:49

ちょっと近所を散歩してみました。

2020_05_06_01_近所1.JPG


以前、2~3回訪れた事がある神社です。
参拝客を見た事が無い小さな神社なので外出自粛の時期での気分転換にはちょうど良いですね。

予想通りこの日も誰も居ません。
木々に囲まれた境内の空気が気持ちをリフレッシュしてくれます。

2020_05_06_01_近所2.JPG


更に奥には小さな祠が有りました。
この赤い鳥居は稲荷神社なんでしょうか。
普通の神社と稲荷神社が同じ敷地内に奉られるというのは普通の事なんでしょうか?
この辺りは全く知識が無いので分かりませんね。

2020_05_06_01_アリジゴク.JPG


そして今年も元気に活動を開始した自宅の階段下のアリジゴクです。
2つのすり鉢状の巣が見えますね。

この巣も冬の間は店じまいしています。
そしてこの時期活動を開始するようです。
まあ、冬の間は餌となるアリなどの昆虫も姿を見せないので大人しくしているんでしょう。

最近アリジゴクを見かける事はめっきり少なくなりました。
自宅の間近で彼らの生活を見かけるのは嬉しいもんですね。

豊洲市場2020年06月15日 00:16

2020_06_07_04_豊洲市場1.JPG


先日の事ですが、ちょっと時間の余裕が有ったので豊洲市場に向かってみました。
施設内のお店で昼食を摂れると聞いてはいましたが、移転当初の混み具合にビビッてしまい訪れる事は有りませんでした。
この時期はさすがに空いているでしょう。

2020_06_07_04_豊洲市場2.JPG


しかしコロナ対策のために施設への入場は出来ませんでした。
入場チェックは厳しい訳でもなく、観光客らしき人たちもどんどん入って行っているようでしたが無理して入る必要も有りません。
騒ぎが落ち着いたらそのうち再訪しましょう。

と思ったら豊洲市場の一般入場が解禁されていました。
近い内に日記にしましょう。

2020_06_07_04_国際展示場1.JPG


今年初めてクマバチに会う事が出来ました。
毎年集まって来る植え込みの辺りはすでに花も枯れていて彼らの姿を見る事は出来ませんが、ちょっと離れた別の木に数匹集まってメスを待っていました。
コイツはちょうど目の前辺りでホバリングしてくれたので割と大き目の写真が撮れました。

目の前で上下左右にフラフラしてますが、ちょっとでも動く物を見つけると鳥だろうが虫だろうが関係無しに飛びついて行きます。
で、残念そうに元の位置まで戻って来てメスを待っています。
メスを待つオスの姿は良く見かけるのですがメスはいったいどこに居るのでしょうか。
頑張って今年も子孫を残して来年も姿を見せて欲しいですね。