山崎公園 ②2020年05月29日 22:06

2020_04_23_04_山崎公園1.JPG


山崎公園の釣り可能エリアの様子です。

ここで釣りをする場合はルールがいくつか有ります。
まず、釣りが出来るエリアが決められています。
ほぼ池の全域で釣りが出来るのですが、周回出来る散策路が狭い場所は釣り禁止になっています。
狭い場所は歩行者の邪魔になるので、これは当たり前ですね。

釣りが出来る時間帯は夜明けから日没まで。
暗い時間帯は危険だからでしょう。

釣った魚や生物は持ち出す事が出来ません。
全て元の池にリリースです。
またカメなどの生き物の放流も禁止です。

釣れている魚はヘラブナ、マブナ、ハヤ、タナゴなどですね。
水槽を持参した子供たちもたくさん釣りをしていましたが、けっこうな数を釣っていました。
なかなか楽しめる池のようです。

2020_04_23_04_山崎公園2.JPG


流れ込みで水の生き物を探す子供たちとコサギ。
子供たちが底をかき回す時に飛び出して来る虫や小魚を狙っているようです。
かなり人馴れしたコサギで、子供たちが水辺に近づくと正面に陣取っていました。
可愛いもんです。

2020_04_23_04_老麺魂1.JPG


そして昼食の老麺魂です。
いつも長い行列が出来ていて近寄る気もしないのですが、さすがにこの時期は並ぶ事も無く席に付けました。

2020_04_23_04_老麺魂2.JPG


魚介がはっきりと効いた中華そば。
チー油が多めで表面を厚めに覆っています。
麺はやや太めのストレート。

スープへの旨味もたっぷり出ていて確かに美味いのですが、魚介系スープの弱点と言えるのか塩気が強い気がします。
どうしても海産物から濃厚なスープを取ると海水由来の塩が凝縮されてしまうのは仕方無いのかも知れません。

コロナ騒ぎによる外出自粛の昨今、行列の出来る有名店を訪れるチャンスなのかも知れませんね。
もちろん行列が出来ていたら感染リスクを考えて近づかないのが正解だとは思いますが。