久しぶりの石垣島 ④2020年04月13日 10:58

さて、ある意味石垣島でのメインイベントの一つ、えいこ鮮魚店での夕食です。

2020_04_04_04_えいこ鮮魚店1.JPG


本日のおすすめ。
ですが、これはメニューに載っている定番料理なのであまり気にしなくても良さそうです。

2020_04_04_04_えいこ鮮魚店2.JPG


まずはお通しでオリオン生を一杯。
水の違いなのか沖縄県内で飲むオリオンビールは間違いなく内地で飲むオリオンとは味が違う気がします。

そして鮮度の良い島魚でいつも美味くて有難いお通し。
お通しが美味いお店はそれだけで通いたくなりますね。

2020_04_04_04_えいこ鮮魚店3.JPG


そして刺身盛り合わせ、500円。
全体的に料理の量が多いので、4人までならとりあえず刺身盛り合わせは1人前で良いでしょう。
魚はキハダマグロ、イラブチャー、カツオ、セイイカ、ハラゴ。
ハラゴはおそらくカツオのハラゴですね。

この日特筆すべきは噛み切れないほどのグミのような弾力を見せるキハダマグロの鮮度。
沖縄のマグロの鮮度はもともと素晴らしいですが、これほどの物はなかなか出会えません。
ちなみに最近の傾向では魚を長期間熟成させる事がもてはやされていますが、私は懐疑的な立場です。
確かに熟成により旨味をもたらすアミノ酸は増加しますがタンパク質の分解に伴って身肉の弾力が落ちてしまいます。
私にとっては食感もかなり重要なのでどちらかと言えば鮮度重視ですね。

2020_04_04_04_えいこ鮮魚店4.JPG


当然のようにオーダーする寿司10貫。

下段右から、キハダマグロ、ガーラ、アカジン、イラブチャー、ミーバイ。
上段右端がギーラ、左端がイラブチャーですね。
一貫のサイズが大きくて男の口でも入りきれないので二口で食べる必要が有りますが、口いっぱいに寿司を頬張るというのも豪快で嬉しくなります。

かなり腹いっぱいになってしまいますが、もう少し食べてみましょう。