桃の買い出し2019年07月10日 12:40

2019_07_08_01_笛吹市1


先週末は毎年恒例の桃の買い出しに行って来ました。

目指したのは山梨県の笛吹市。
日本一の桃の産地です。
小雨がぱらつく梅雨らしい天候。
とは言え、車で行くので大した問題では有りませんね。

2019_07_08_01_笛吹市2


途中で立ち寄ったコンビニの看板に巣をかけているツバメの一家です。
この時期なのにまだ雛達が餌を待っています。
もう巣立ちのシーズンは越えているのですが、まだ何匹も小さな雛が居るって事は2回目の抱卵だったのかも知れませんね。

2019_07_08_01_笛吹市3


いつもの中村農園さんの直売場です。
しかし、今年はいつもたくさん並んでいるはずのお店の前に桃のケースの姿が見えません。
と言う事で自宅の方に電話して訪ねてみました。

いつも愛想の良い奥さんが電話に出られて、欲しい数を告げるとご夫婦で車に乗ってお店まで来てくれました。
話を聞くと、去年まで手伝ってくれていた若いお姉さんが結婚してしまって人手不足となってしまい、今はお店の方は閉めてしまっているとの事でした。
お店の前には無人の販売所が有るのでそちらの方は毎日補充しているとの事ですが、電話が有ればお店まで出て来てくれるそうです。
いつもは店自体はだいたい昼過ぎに開いていたのでそれに合わせて訪れていたのですが、これからは電話をかけて訪れる事にしましょう。
毎年楽しみにしている常連さんが多いらしく、大変だけどもう少し頑張ってくれるそうです。

2019_07_08_01_笛吹市4


いつもは5~60個買って帰るのですが、10個くらいオマケしてくれたので今年手に入れたのは約70個。
商売出来そうな大量仕入れですね。

もちろん値段は安く、一個あたり70円くらい。
スーパーに出回っている熟す前に摘み取った物とは違って樹上で完熟した桃なので香りと甘みが全くの別物です。

私は甘い物は食べないので、これから配って回る届け先からの受け売りですけどね。

店を出たのは1時過ぎ。
毎年楽しみにしてくれている友人経営のバーの常連さんが待っています。
友人たちにも配って回らなければなりません。
いっちょ頑張って配達しますかね。