台湾高雄市 中国語学校 あらためて ㊸2019年07月08日 00:08

さて最終日、12月の23日深夜に台湾入りしこの日は年が明けた1月9日、18日間の台湾滞在となりました。

一日4時間の中国語の授業と、自転車による高雄市周辺の探索。
充実した日々と言って良かったでしょう。
語学はあまり進歩したとは言えませんが、台湾、少なくとも高雄市内を歩くのには不便しない程度に町に馴染めたのではないかと思います。

2019_06_29_01_カインドネスホテル1


カインドネスホテルの朝食が提供される清潔なレストラン。
しばらくここともお別れですね。

2019_06_29_01_カインドネスホテル2


ホテルから見える高雄市の景色です。
こっちは北の方向、今日も良い天気です。
1月初旬とは言え、今日も25度くらいまで気温は上がるのでしょう。

2019_06_29_01_左営駅


ホテルからタクシーで台湾新幹線左営駅へ向かいました。
ここから帰りの飛行機が出る桃園空港に向かいます。

2019_06_29_01_台湾鉄道駅弁


新幹線の中で食べた駅弁です。
この日は在来線の台湾鉄道の売店で購入しました。
新幹線の台湾高鉄弁当は有名なのですが、地元のかたに在来線の弁当をお勧めされていたので買ってみました。

値段も安く、もちろん大当たり。
ニンニク風味の甘じょっぱい焼きダレで味付けされた豚のあばら肉。
オデンに似た魚のすり身煮も否応無く私にご飯を進めさせます。

2019_06_29_01_桃園空港


桃園空港です。
これで今回の旅も終わります。

約半月の台湾滞在。
この間、いつものように楽しく、美味しい事ばかりで不快な思いは一度も有りませんでした。
まあ、野良犬には嫌われたのか何度か追いかけられはしましたが。

この旅の後も、一度高雄市を訪れているのですが、その時も思い出となる素晴らしい出会いが有ったりしています。
ある程度長期間滞在するとその町に飽きてしまう事がママ有ります。
しかし、高雄の町はまだまだ私を魅了しているようです。

長々と続いた高雄市の旅の日記ですが、これで一旦キリが付きました。
それ以降、上に書いたように高雄市再訪、九州への何度かの帰省、東北遠征、伊豆でのちょい釣り他、あちこちを訪れています。
旅の日記が続いたのでちょっと一区切りして日常の日記を綴るのか、やっぱり貯まっている旅の写真を日記にするのか、ちょっと悩みどころです。

それよりも旅心が疼いて、今からでもどこかに出かけたいのが目下の大問題なんですけどね。