燕三条 ⑤2017年12月05日 12:41

午前中をストックバスターで過ごしそろそろ昼食の時間です。

燕三条と言えばもちろんラーメン好きなら知っている燕三条ラーメンです。
今回の旅のメインテーマはコイツです。

2017_11_26_01_燕_杭州飯店1


燕ラーメン発祥の店、杭州飯店です。
最初は別な店を狙っていたのですが、前日訪れたバーのマスターにお勧めされたので元祖の店を訪れてみました。

辺りには田んぼと数軒の民家しか無いお店ですが、雨の中行列が出来ています。
行列店は好みでは有りませんが、ここは我慢すべきでしょう。

2017_11_26_01_燕_杭州飯店2


店内はこんな感じ。
通されたのは小上がりで、左奥では地元年配者達の団体が良い感じでジョッキを開けながら午後のひと時を楽しんでいます。
右奥が入口側。
こっちはテーブル席が並んでいます。

2017_11_26_01_燕_杭州飯店3


一緒に頼んだ餃子です。
これが巨大なシロモノで一人一個くらいでないとラーメンが入らないほどの大きさです。
だいたい一個がタバコ一個半くらいの大きさでしょうか。
2個から頼めるので少な目に頼みましょう。

餡は野菜中心。
餡に味が付いていてそのまま食べても美味く、と言うかそのまま食べるべき餃子ですね。
説明できませんが、これが大変に美味くこれだけでも食べに来る価値が有ります。

2017_11_26_01_燕_杭州飯店4


ラーメン、800円です。
燕ラーメンらしいビジュアル、大量のタマネギと背脂が特徴ですね。
魚介の風味が香るやや甘さを持ったスープ。
見た目よりも塩辛さは控えめです。

麺は極太、これも燕ラーメンの特徴ですがこのお店の麺はややふわっとした食感が有ります。

で、これが美味い。
各地のご当地ラーメンを食べて来ましたがその中でも記憶に残る一杯となる美味さ。
都内でも燕三条ラーメンは何店か出ていますが、このお店のラーメンとは別物です。

都内で食べた店は魚介、塩気とも強すぎてガチンとこたえて来ますがそれが有りません。
競争の激しい都内でパンチを出すためなんだと思いますが、地元で長く愛されるラーメンとはやはり違うのでしょうね。

ちなみにこのお店は燕ラーメンであって三条ラーメンでは有りません。
関東ではひとくくりにされていますが三条ラーメンはカレーラーメンが本来の姿のようです。

次回は三条ラーメンと行きたいところですが、このお店のラーメンが気に入ってしまったのでチャンスが来る事が有るんでしょうかね。