台北遠征日記 ④2017年04月03日 13:34

明けて二日目です。

2017_03_26_01_ファーストホテル


ホテルの窓から見た外の様子です。
空は青く晴れ上がり良い天気が予想されますね。

2017_03_26_01_ファーストホテル_表通り


ホテルは台北の中心街、中山に近い所に有るのですがこの日は日曜日。
さすがに休日の早朝は車の通りは少ないようです。

2017_03_26_01_ファーストホテル_朝食


ホテルの朝食です。
今回のホテルはファーストホテル、台湾語で第一大飯店という名前です。
なかなかの設備と大きさのホテルで、朝食もかなり充実していました。
写真はバイキング形式の食事のごく一部ですが味も満足出来るものでした。

今回の旅の中で感じた事ですが、台北ではたいていの場合日本語が通じこのホテルも例外では有りません。
高雄市ではまず通じなかったのでそういう意味では日本人にとって旅しやすい土地ですね。

さてこの日は徹底的に釣りをしたいところですが、台北は初めての訪問。
ある程度ポイントは調べて来ましたがやっぱり現地の情報が欲しいところです。

と言う事で二日目は、調べておいた釣り具屋タックルベリーに立ち寄りまずは情報収集です。

2017_03_26_01_タックルベリー_忠孝店


今回のホテルが有るのはMRTオレンジラインとグリーンラインの乗り継ぎ駅である南京松江駅周辺ですが、ここからMRTを乗り継ぎ後山埤駅まで向かいました。

歩く事5~6分で店の前までたどり着きましたが、店にはシャッターが降りていました。
調べてみると開店は11時、ちょっと早かったようです。

釣りを考えるとこの時間のロスは痛いのですが仕方有りません。
開店まで辺りを散策する事にしましょう。

台北遠征日記 ⑤2017年04月05日 11:52

タックルベリーまで来たのは良いのですが、良く見たらお店はまだ閉まっていました。

調べてみると11時開店だったようです。
一般の釣り具屋さんは朝の早い釣り師に合わせて割と朝早くから開店するのですが、このタイプの釣り具屋さんは割と遅く開ける事が多いようですね。

て事で、開店まで辺りの散策です。

2017_03_26_02_東新街1


タックルベリー前の小さな交差点です。

少しくたびれた家並みが続いて、それなりの雰囲気。
台湾と日本の街並みの違いが感じ取れます。

2017_03_26_02_東新街2


辺りをウロウロしていると活気の有る裏通りを発見しました。
この辺りは東新街と言うそうですが、日用品、食料品を売る店が軒を連ねています。
観光客が集まるような街では無く釣りという目的が無ければ決して訪れる事の無い街並みが新鮮です。

2017_03_26_02_成徳市場_裏口


市場が有ったので入ってみました。

2017_03_26_02_成徳市場_内部


成徳市場と言うマイナーな市場です。
しかし魚や肉類、野菜、果物の品揃えは素晴らしく、さすが台湾の市場です。

表通りの入口辺りは食堂になっているようです。
タックルベリーに寄ったらここで昼食を食べる事にしましょう。

赤ギャラドス2017年04月07日 02:10

今日から石垣島へ行って来ます。
最後に行ったのは去年のクリスマスあたりでしたから4ヶ月ぶりになります。

のんびり遊んで来ようと思います。

2017_04_07_01_金コイキング


唐突ですがポケモンGOで捕獲したレアポケモンの金コイキングです。
かなりの低確率で出現するらしいのですが、一説にはコイキングの4092分の1の確率で捕獲出来るそうです。

かなりの幸運だったようですね。

2017_04_07_01_赤ギャラドス


で、この金コイキングから進化可能なのがこの赤ギャラドス。
ジムでも今まで一匹しか見た事が無いのでまだかなり少ないのでしょう。

この幸運がずっと続けば嬉しいんですけどね。

帰京2017年04月10日 10:11

昨晩遅く石垣島から帰って来ました。

2017_04_10_01_サンゴの道


初日は雨がパラつく天気だったのですが二日目は晴れ。
気温も27度まで上がり初夏の日差しが照り付けていました。

と言うかメチャクチャ暑い一日になりました。

2017_04_10_01_デイゴ並木


以前行った時は病気で咲かなかったらしいデイゴも復活して綺麗に咲き誇っていました。

今回の石垣島の旅も日記にする事になると思いますが、まずは台湾の日記を終わらせないといけませんね。

台北遠征日記 ⑥2017年04月12日 10:22

2017_04_02_01_タックルベリー


近所を散策しタックルベリーに戻って来ました。
今度は入口のシャッターも開いています。

ここでは台湾製の珍しいルアーでも有れば購入するつもりでしたが残念ながら日本製のルアーが主体で台湾製は見かけませんでした。
値段も日本より少し高いくらい。
それでも中古ルアーで目ぼしい物が有ったのでいくつか購入し台北の釣り事情について情報を入手しました。

この店も台北の多くの店と同じく店員さんには日本語が通じるので台北在住の日本人には便利な店ですね。

知りえた情報の一部は、海は大きく台湾西岸の淡水方面と東岸の基隆が有り、東岸は車などの移動手段が必要との事。
これは出発までに調べた情報と一致します。
また淡水の釣りに関しては店の近くに池が有り、ここでは釣りな可能との事。
ちなみにこっちの淡水は地名ではなくて真水の事です。
海釣りの淡水(地名)とまぎらわしいですね。

近くにもう一つの池が有る事は調査済みでしたがこちらは釣り禁止との事でした。

台湾の淡水釣りで気を付ける事は、Googleerthなどの地図で池のように見える場所のほとんどが魚の養殖場で釣りが出来ない事です。
たまに廃業した養殖場の池などで釣りが出来るようですが、地元の人以外にはまず区別が付かないようです。
なので淡水で釣りをするなら川が無難って事になりますね。

と言う事で想定していた時間よりかなり遅くなってしまったのでとりあえず店の近くの池に行ってみる事にしました。

2017_04_02_01_南港公園1


歩いて10分ほど、目的地の南港公園です。

2017_04_02_01_南港公園2


きちんと整備された公園です。

2017_04_02_01_南港公園3


池の周りには芝生が敷き詰められ家族連れが子供たちを遊ばせています。
日本の感覚だとちょっと釣りをするのは気が引けますがあちこちに釣り人の姿が見られます。

2017_04_02_01_南港公園4


写真では分かりませんが木陰には30センチほどの魚の群れが見えます。

ここでのターゲットはテラピア、ヘラブナ、青魚、ブラックバス、ライギョだそうです。
とは言え、散歩の人も多くなんとなく都内の池で釣りをしているようで落ち着きません。
餌釣りをしている人たちも全く釣れている気配は有りません。

何か所かポイントを移動してルアーをキャストしてみますが反応無し。
まあそんなもんですよね。

この日は前日と違って気温が上がり、うっかり水を買うのを忘れた私たちはかなり消耗して来ました。
昼食も食べていないので釣りは切り上げて午前中に見物に行った市場で食事でも摂る事にしましょう。