奄美大島遠征日記 ⑧2016年01月14日 12:01

いくつかのポイントをチェックしながらどんどん南下して行きます。

2016_01_01_01_ヤドリ浜1


奄美大島の南西端の行き止まり、ヤドリ浜です。

シーズンになると多くの観光客が集まる美しい砂浜ですが、この冬場にはさすがに誰も居ません。

2016_01_01_01_ヤドリ浜2


誰も居ない砂浜を南の端まで歩いて岩場の上からキャストしますが反応無し。
どうも魚は近場に付いていないようですね。

まあ、奄美に移住した友人を待ち合わせているのでそろそろ名瀬市内に戻る時間です。
とりあえず、市内へと向かいましょう。

そして約束の19時に無事友人と出会う事が出来、軽く夕食を摂る事になりました。

しかしここで大きなミス。
奄美大島の名店の一つ、居酒屋一村を訪れたのに写真を撮るのを完全に忘れてしまいました。

一村

島の魚、酢の物、アオサの天ぷら、豚足、油そうめん、そして名物のサネン蒸し。
どれもこれも美味い肴を美味い黒糖焼酎に合わせて満足の食事だったんですけど残念です。

2軒目は奄美唯一のキチンとしたショットバー。
マスターは昼間は農家をやっておられるのですが、その畑で作ったトマトがこの日のお通しでした。
これも鮮やかな赤と黄色のプチトマトで、信じられないほどの濃厚なスープのような旨味と甘味を持っていました。

ちょっと驚いて訪ねると、奄美の紫外線の強さが強い旨味を生むとの事でした。

しかし写真を撮らなかったのは本当に痛恨でした。

そしてこの日は美味い肴、酒、会話を楽しんで早めにホテルへと到着。
昨日に続いて早めに寝る事としました。
明日こそ結果を出したいですからね。

2016_01_01_02_内海1


翌日は同じく6時過ぎに起きだして、まずこのポイントから。
前日訪れるも、風が強くて思ったポイントに入れなかったチヌのポイント,内海です。
この日は風も無くベタ凪です。

頑張るしか有りませんね。