九州ラーメン 六角堂2015年02月23日 00:34

週末は町田のブックオフに行くついでにネットで見つけた九州トンコツのお店へ行く事にしました。

2015_02_22_01_町田屋


事前に地図で調べておいたお店の方向へ向かうとまずはこんな店が。

家系ラーメンの「町田家」です。
この店、一時は新百合ヶ丘にも店を出していたはず。
何度か行ってみましたが、かなり濃厚なパンチの有るスープで家系としてはなかなかの味だったと思います。

そしてその隣に有りました、六角堂。

2015_02_22_01_六角堂_外観


完全にお隣さんといった感じでラーメン屋さんが並んでいます。
そしておまけにこんな店も。

2015_02_22_01_大勝軒


こっちは誰でも知っている大勝軒。
2車線の狭い道路に向かい合ってこのお店が有ります。

小さな交差点を挟んで3つのラーメン店が集まった上に2店はそこそこの有名店。

大丈夫なんでしょうか、六角堂。

とりあえず入ってみる事に。

派手な張り紙の有る入り口を開けて中に入るとお客さんは一人も居ません。

こ、これは。。。。。と思いながらも食券を買ってカウンターへ着席。

麺の固さを普通で、とお願いしてラーメンを待ちます。

2015_02_22_01_六角堂_ラーメン


ラーメン、650円、2杯まで替え玉無料です。

スープは非常に濃厚でトロミの有る九州トンコツスープ。
最近こういうタイプのスープが増えました。
悪くは無いのですが、個人的にはちょっとやり過ぎなお店が多い気がするのですが、それは私が歳をとったからでしょうかね。

そして麺、これが物凄く細い。
髪の毛くらいとは言いませんがソーメンより細く、ちょっと珍しい麺です。

茹で時間は極少。
あっと言う間に茹であがって提供されました。

これは、硬めだとかバリ硬とか言われたら茹で時間の管理が大変でしょうねえ。

ちなみに麺の硬さは選べるのですが、「粉落とし」もオーダー出来るようです。

もちろんこんなのは博多にも存在しないのでシャレだと思いたいですね。

総体的にはまずまずの味。
ただスープが私にはちょっと重かった気がします。
気が向いたらまた来ましょう。

さてブックオフへと向かいますか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
当ブログの管理人のハンドルネームは「しおさば」です。
当ブログの管理人のハンドルネームは何でしょう?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fisheaters-paradise.asablo.jp/blog/2015/02/22/7577710/tb