セミ2014年08月02日 00:04

昨日職場近くの広場に生えている木に貼りついているセミを見つけました。

2014_08_01_セミ2.jpg


カブトムシが好きそうな木肌を持った木にアブラゼミが留まっています。
植物は良く分からないのですが、ナラの木じゃないかと思います。

秋には沢山のドングリが成るのですが、見つけるとちょっと嬉しくなってポケットに入れて持って帰りたくなるのは何故でしょうね。

2014_08_01_セミ1.jpg


ちょっと近づいてアップで撮ってみました。
大きな声で鳴くでもなく逃げるでもなく、じっと留まっているだけです。

産卵か何かで忙しいメスなのか、生まれたばかりであまり動けないのか。

短い命の象徴とも言えるセミの成虫です。
頑張って、うるさいくらい鳴きまくって子孫を増やして欲しいもんです。

2014_08_01_森1.jpg


我が家の近所にちょっとした森のような小さな丘が残っています。
この森には多くの昆虫が暮らしていて、この時期近くの街灯に多くのクワガタムシやカブトムシを送り出して来ます。

たまにムカデも送りつけて来るのはちょっと迷惑ですけど。

2014_08_01_森2.jpg


で、昨日この森からヒグラシのカナカナカナカナと言う鳴き声が聞こえて来ました。

私の中でヒグラシはツクツクホウシと並んで晩夏に現れる虫だったのですが、この夏の始まりの時期にでも姿を見せるセミだったんですね。

このヒグラシの声を聞くと何故か深く涼しい杉林の光景が目に浮かびます。

熱い夏の日が続いていますが、ちょっと涼しい高原にでもバイクで涼みに行ってみたい気にさせる涼しげな声。
最近色々と忙しくて週末もゆっくりする時間が有りませんが、何とか時間を作ってどこかに旅に出たいもんです。