港北みなも 「山助」2013年08月29日 09:59

先週の土曜日、夜勤に備え早めの夕食を摂る為に、近場で酒の肴を探す事にしていつもの港北みなもの「山助」に行って来ました。

2013_08_24_港北みなも_山助_陳列台1


夏場のせいかやはりちょっと魚は少なめですが、北寄貝、鯛、サザエ、アジなどの定番商品はいつも通りに並んでいます。

それ以外に、いくつか面白い魚が入っていました。

2013_08_24_港北みなも_山助_陳列台2


陳列台の真ん中辺りにこれらの魚が。

左上に長崎からの立派なアマダイ、アカアマダイの方ですね。
50センチ近い大きなサイズですが、3、500円出すのはちょっと厳しいですね。

その下に40センチ弱の黒ムツ。
こいつも2,980円。
この魚は大きい方が美味しいと思うのですが、ちょっとサイズが足りない気がします。

右端に40センチ弱の金目鯛、2,500円。

魚が少ないせいか、全体的に高めな感じですが、真ん中にお買い得な魚が。

まずは、700円の値札が付いたウマヅラハギ。
ウマヅラハギとされていますが、これはウスバハギですね。
一般には浸透していない名前なので、あえてウマヅラハギと表記したのだと思います。
こいつも普通のカワハギほどでは有りませんが、大変美味しい魚なので40センチくらいのサイズから考えてもお買い得だと思います。

その下に島根産カンパチ、480円。
これはサイズが30センチ弱と小さいので、美味い魚ではありますがお買い得かは微妙かも知れません。

それ以外にも何種類か良いのが並んでいました。

2013_08_24_港北みなも_山助_ブリ


宮城産のブリ、半身で500円、これは安いですね。
ブリと言うより、サイズから言えばイナダとワラサの中間サイズくらいですが、鮮度も良く美味そうです。

2013_08_24_港北みなも_山助_カスベ


最近見かけなかったのですが、カスベも久しぶりに見ました。
こいつは煮付けで食べたいですね。

2013_08_24_港北みなも_山助_マカジキ1

そしてコイツです。

マカジキ、3切れで500円。
マカジキらしい鮮やかなオレンジ色がかった赤身。
鮮度は間違い無さそうなので、独特の酸味とアッサリした旨味を持った 刺身を味わいたいものですが、一般的にはオリーブオイル焼でしょうか。
それと、フライにしても美味しいですね。

今日は宮城、気仙沼産の魚を多目に見かけました。
港の復興も進み始めたのでしょうかね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
当ブログの管理人のハンドルネームは「しおさば」です。
当ブログの管理人のハンドルネームは何でしょう?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fisheaters-paradise.asablo.jp/blog/2013/08/24/6956767/tb