日本橋 にぎにぎ一本館2013年08月24日 00:24

さて、今日も休出、夜勤の予定です。
最近はせっかくの週末も全く生かせないのが残念です。

遠くまで出かける事は出来ないので、写真の在庫整理でもしてみる事にしました。

日本橋に「にぎにぎ一本館」と言う立ち食い寿司屋さんが有ります。
読み方は、「にぎにぎいち ほんかん」と読みます。

友人は、「にぎにぎ~ ほんかん」と読んでました、アホですね。
と言う私も、「にぎにぎ いっぽんかん」と読んでたのですが。

にぎにぎ一本館

お店は完全な立ち食い、カウンターで5~6人くらい、店内テーブルに4~5名、オープンテラスと言うかお店の前のテーブルに5~6人くらい入れるでしょうか。

2013_08_23_日本橋_にぎにぎ一本館_メニュー


メニューはこんな感じ。
小さなお店ですがそれなりに魚の種類は揃っているんじゃないでしょうか。
そして一貫100円から高くても一貫300円程度の価格、かなり低価格で頑張っているお店です。

2013_08_23_日本橋_にぎにぎ一本館_刺身盛


まずは刺身の盛り合わせ1500円、なかなか豪華ですね。
上が左からマグロ、カンパチ。
下が左からイワシ、ウニ、アマエビ、タイラガイです。

鮮度良く、イワシなどは軽く酢を潜らせていて、いかにもお寿司屋さんの仕事が入ったツマミの気分を味あわせてくれます。
と言っても、私は回転寿司以外の寿司屋さんにはあまり行った事は無いんですけどね。

刺身でビールを軽く行った後は寿司です。

2013_08_23_日本橋_にぎにぎ一本館_寿司


上段左ノ一貫がコチ、右二貫がメダイ。
下段、左一貫がヒラメ昆布締め、ホッキ貝、コハダと続きます。
シャリは酢、塩とも効かせてあり比較的硬めに炊き上げたタイプです。
私は比較的柔らかいシャリが好きなのですが、味はこれくらい強めが好みです。

これで1000円くらいなのですが、実に安いと思います。

この時はオジサン、100円也二貫も注文したのですが、残念ながらタッチの差で品切れになってしまいました。
ヒメジ科のアゴヒゲが有る白身の魚です。

実は私がオジサンを注文した後、それを聞いて珍しいと思ったのか数人から連続して注文が入り、何故か私の方が品切れ宣言されてしまいました。
ちょっと残念でしたが、板前さんに先に注文が届いた方が優先だと思うので仕方有りませんね。
ま、沖縄や石垣島でしょっちゅう食べているので、ここは我慢です。

またこのコハダが大変に美味しくて、ついつい四貫追加してしまったのですが、さすが立ち食いとは言え回転寿司との違いを感じさせてくれました。
特定のネタを集中して食べてしまうと他のお客さんに迷惑だとは思ったのですが、食べ尽くすほどでは無さそうなので頼んでしまいました。

お店のオネエサンの接客も柔らかかつ良く気がついて好感の持てるお店です。

仕事が落ち着いたら近い内にまた再訪したいものです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
当ブログの管理人のハンドルネームは「しおさば」です。
当ブログの管理人のハンドルネームは何でしょう?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fisheaters-paradise.asablo.jp/blog/2013/08/23/6956280/tb