レガシィとの旅 その37 香川県2013年07月04日 11:31

愛媛県より香川県が先に来るはずだったのですが、順番がくるいましたね。

次は香川県です。

地図が正しく表示されない不具合が有ります。
香川県の地図が表示されていない場合は日記のタイトルをクリックして日々の日記を個別に見て頂ければ大丈夫です。



岡山県から瀬戸内海を越えて一本の赤いラインが伸びています。
瀬戸大橋を使って香川県に入るルートですね。

もう一本、徳島県から香川県の東海岸沿いに高松市方面へ延びるラインは淡路島を経由して大鳴門橋~高松東道を使って香川県に入るルートです。

それ以外に県内至る所に赤いラインがゴチャゴチャと走っています。
全てバス、ライギョのポイントを探して走り回った痕跡ですね。

香川県は何度も訪れているのですが、私にはあまり向いていないフィールドらしく大して釣れた記憶が有りません。

しかし、ここでは私の一生の記念になる魚を釣る事が出来ました。
それは30センチ越えのブルーギルです。

とある池が巨大ブルーギルのパラダイスとなっていてその夢のような魚を釣る事が出来たのですが、その翌年にその池は水抜きされてしまいました。
それ以来香川県には近づく事は無くなりましたが。

以前の日記

それ以外に香川県で頭に浮かぶのは、当然の事ながら讃岐うどんです。

これは私なんかよりはるかに詳しい人だらけなので、いつも行くうどん屋さんだけ紹介しておきます。

多田製麺所

多田製麺所です。

特に有名な店でもなく、最初は単なる通りがかりで入ったお店でした。
極端なコシで売る店では有りませんが、表面にやや弾力が有りそれを越えるとスッと歯が入る私好みの麺です。
要は顎が疲れない麺ですね。

ダシもトッピングも充実していますし、典型的な製麺所併設のお店の雰囲気も良い感じです。

ここです

私の香川県での朝食はほぼこの店で決まりです。

それ以外に決まりのお店が有ります。
「せんぬき屋」です。

せんぬき屋

私は魚が好きでどの町に行っても必ず一軒は美味い魚屋さんを探してウロウロする事になります。

しかし高松市ではネットを駆使しても美味い魚を出す店を探し当てる事が出来ません。

もうすっかり諦めているのですが、そんな私たちを救ってくれたのが「せんぬき屋」です。

ホルモンなどの鉄板焼きがメインのお店なので魚は有りませんが、店の雰囲気、味、値段、どれをとってもマレに見る良いお店です。

ひょっとしたら私たちはこの店に行く為に高松市に宿泊しているのかも知れません。
ギル池の一件以来、私は香川県に足を踏み入れていません。

ただ友人たちはあまり良い釣りは出来ていないようですが、しばしば訪れては「せんぬき屋」で良い一晩を過ごしているようです。

そろそろ私も久しぶりに香川県を訪れてみましょうかね。