レガシィとの旅 その36 徳島県2013年07月01日 00:14

次は徳島県です。

地図が正しく表示されない不具合が有ります。
徳島県の地図が表示されていない場合は日記のタイトルをクリックして日々の日記を個別に見て頂ければ大丈夫です。



淡路島から徳島県を横断するように東西に走る赤いラインと太平洋に沿って四国を南下する2本のラインが走っています。

東西のラインは徳島自動車道とポイントを求めて吉野川に沿って走った痕跡です。

南に向うラインはバスのポイントを探しながら室戸岬を回り込んで行った時の痕跡です。

徳島には4~5回宿泊した事が有りますが、いずれも淡路島で釣りをした後に立ち寄る事が多い町でした。
徳島市辺りがグチャッと赤いラインが引かれていますが、その時にウロウロした跡ですね。

徳島県と言えば何が思い浮かぶでしょうか。

まずは鳴門の渦潮ですかね。

観潮船が出ているのでそれに乗ると雄大な渦潮の景観が楽しめるようですが、私は単なる釣り人、一度も乗った事は有りません。
淡路島から大鳴門橋で渡って来ると眼下に渦潮が見えるので私にはそれで充分なのかも知れません。

もちろん阿波踊りを忘れてはいけないでしょうが、人ごみが嫌いなのでそのシーズンは近づいた事が有りません。

そしてやはり徳島ラーメンは上げておくべきですね。

徳島ラーメン

濃厚なトンコツ出汁と濃い醤油ダレのスープ、味つきブタバラと生卵が乗ったちょっと変わったラーメンです。

和歌山ラーメンをもっと濃い味付けにした感じに似ています。

徳島ラーメンを有名にしたのは「いのたに」と言う店ですが、私は近くまでは行きましたが訪れていません。
並ぶのは嫌いですからね。

そしてウロウロしている内に見つけたのが「巽屋」(たつみや)です。
17、8年前の事です。
創業が1995年との事なのでその辺りですね、きっと。

この頃は創業してまだ間もなく名前を聞いた事も無かったのですが、あっと言う間に人気を博し有名店の仲間入りをしたのは驚きもし嬉しくも有りました。

他にも数軒の印象深いラーメン屋を回ったのですが、一軒だけどうしても場所が思い出せないお店が有ります。

鳴門方面から徳島市内へ向う途中、吉野川を渡ってガソリンスタンドで美味い店を聞いた時にすぐ近くの店を教えてっもらったのですが、これが中々の味。

ガソリンスタンドの兄ちゃんに一点注意されたのは、ラーメンと呼ぶと怒られるので中華そばとオーダーする事、でした。
おっかなびっくり注文した覚えの有るあの店は、どこの何と言う店だったんでしょうね。

そして徳島県と言えば、ここを紹介しなければいけません。

2004_05_02_土讃線_坪尻駅_全景


坪尻駅です。

四国が誇る、日本で3本の指に入る秘境駅ですね。
詳細は以前の日記のリンクを貼っておきます。

以前の日記

最近徳島県から足が遠のいています。
室戸岬へ向う海沿いのルートをもう一度走りに行きたいですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
当ブログの管理人のハンドルネームは「しおさば」です。
当ブログの管理人のハンドルネームは何でしょう?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fisheaters-paradise.asablo.jp/blog/2013/06/15/6866400/tb