大井町 阪急 食品館 (11/6)2012年11月15日 00:53

ちょっと次の日記の為に画像を発掘しようとしていますが、とりあえず最近の携帯の写真を上げておきます。

大井町の丸吉飯店で昼食を摂った後に阪急百貨店を覗いてみました。

2012_11_06_阪急百貨_アナゴ


アナゴですね。

アナゴと言えば江戸前と言う印象が有りますが、こいつは三陸産のようです。

子供の頃関門海峡にチヌの夜釣りに行ってたんですが、とにかくこいつが多くて参った記憶が有ります。

ハリスを長めに取った投げ込み釣りの仕掛けで釣るのですが、こいつがかかるとせっかくの仕掛けが魚もろともグチャグチャにされてしまうので本当に困った存在でした。

たまに専門に狙って釣る時はサバの切り身が餌でしたが、数時間で20匹くらいは釣れたものです。

2012_11_06_阪急百貨_スケソウダラ


スケソウダラの煮付け、味噌汁用みたいです。
鍋にも良さそうです。

スケソウダラと言えば卵巣がメンタイコの原料になるので有名ですが、辛子明太子で有名な福岡でスケソウダラをみかける事はほとんど有りませんでした。
私は福岡でも北九州市生まれなのですが、魚屋さんでこいつを見かけた事は一回も有りません。

今でもそうなんでしょうかね。

似た魚でマダラが有りますが、こいつも関東では良く見かける魚です。
同じく北九州ではあまり見かける魚では有りません。

上京した頃マダラを買って鍋にしてみたのですが、火にかけると石鹸のような泡と味が沁み出して来て個人的にはあまり好みとは言えない魚となってしまいました。

その時は北の魚なのでサポニン成分が多い為、仕方無いなと考えていたのですが実はそうではなくて鮮度に問題が有ったんでしょうか。

ちなみにサポニン成分によって凝固点を下げ、北の冷たい水中でも凍らずに生きて行く為の進化と子供の頃聞いた事が有るのですがどうでしょうかね。

とは言えスケソウダラはマダラよりも更にあっさり、柔らかな身を持っていて割りと好きな魚です。

そろそろ鍋の季節です。
日本酒でゆっくりと味わってみたいですね。