福島 徘徊 その17 会津若松へ2012年11月02日 15:42

さて、五色沼の大量な観光客から逃れてそろそろ釣りを始めてみます。

この辺りです

GoogleMapで見ると分かるように、この辺りは小さな沼、湖があちらこちらに点在するエリアとなっています。
これはきっと磐梯山の噴火による塞き止め湖だと思います。

ところが、この辺りをGoogleEarthで見ると小さな沼が至る所に隠されており、地図で見るよりはるかに多くの沼が存在するのが分かります。

実はこの小さな沼にもバスが生息していて、そこがちょっとしたポイントになっているんですね。

私達はGoogleMapが世の中に出ていない頃、国土地理院発行の地形図を使って沼を探索していました。

そんな池を探索していた頃、目当ての池に着くと火山性の硫黄で濁った死の池だったり、水は綺麗でも何も生き物が居ない池で有ったりする事も多かったですが、それでもいくつものバス池を見つけたものです。

そんなポイントも久しぶりに試してみようかと思ってやって来ました。

ですが、今回は福島の震災地区を通過して来た関係で思ったよりも時間を使ってしまいました。
仕方無いので手頃な池でお茶を濁す事としました。

2012_09_09_桧原湖_池左景


水も良く綺麗な池ですね。
桧原湖~磐梯に点在する池は本当に水質が良い池が有ります。
もちろん、硫黄の池も有って両極端なのは変わりませんけど。

2012_09_09_桧原湖_スモール1


可愛いスモールマウスバスが釣れました。 ルアーは小さなジグヘッドに懐かしのフィンズフィッシュ。
最近使う人は少ないですが、バス、根魚、南西諸島でのメッキ、フエダイなど、私の中では無敵のワームです。

滅多に売って無いので見つけたら即買占めして貯めこんでいます。

2012_09_09_桧原湖_池右景


こっちもやっぱり綺麗ですねえ。

2012_09_09_桧原湖_スモール2


落っことしたんで泥まみれですが、またしても可愛いスモールです。

魚も釣れましたし、そろそろ帰らないと遅くなってしまいます。
山を降りましょうか。