福島 徘徊 その11 会津若松へ2012年10月24日 18:42

さて、福島市を出発し会津方面へと向かいます。

ルートは磐梯吾妻スカイラインを通って桧原湖を経由するルートです。

以前、GWなどにバイクで通った事が有りますが、もう4~5年前に話になると思います。

この辺りです

こんなルートですね。

GWは「雪の回廊」と呼ばれる、高さ5メートル以上の高さが有る雪の壁に囲まれたスカイラインのドライブが楽しめるルートです。
まあ、この日は暑いので雪どころじゃ無かったですけど。

福島市からは県道70号線の一本道を約30分で磐梯吾妻スカイラインの入り口に到着します。

福島の観光有料道路

元々はこの道路を使用する場合、1500円ほどの料金がかかっていました。

震災後は観光客の誘致の為に無料化されています。

また、特にバイクで訪れるライダー達をターゲットに様々な企画を提供する「ライズ福島」と名づけられた活動も展開しています。

ライズ福島

ライダー限定で安くなる宿や食事処、カフェなどの利用特典など、ライダーへの優遇措置が嬉しい企画ですね。

さて今回は福島市方面からの入り口の「高湯出入り口」からスカイラインへと進んで行きます。

入ってすぐ強い急勾配は続き、高度がぐんぐん上がって行きます。

20分ほど走ると不動沢を望む駐車場、展望台が有り、ここから深い沢と不動沢橋を見る事が出来ます。

2012_09_09_つばくろ谷
くばくろ谷です。

しかしまあ、ひどい写真ですね。

あまりにヒドイので載せないつもりでしたが、とりあえず。

観光案内リンクを置いておきます。

つばくろ谷

写真はヒドイですが、この道は日本の道100選にも選ばれている本当に素晴らしい道です。

高度から来る景色の良さもさる事ながら、浄土平を代表とする観光スポット、ライダーをトリコにする程よいワインディングロード。

私の知る範囲では今のところ最高に楽しい道の一つと呼んで良いかと考えています。

つばくろ谷を過ぎ、更に10分ほど走り、大きく右側に曲がりこむカーブを越えるとこの景色が目に入ります。

暖かい季節でもいきなり目に入る開けた景色はハッとさせる物が有りますが、GW辺りだと突然真っ白な雪に覆われた山容が出現し、しばし呆然とさせられるほどインパクトの有る景色をこの場所で見る事が出来ます。

この辺りです

今までは左右どちらかには深い深緑の葉をつけた木々が茂った道が続きましたが、この辺りから木々の姿が減って来ます。

そうです、このスカイラインのハイライト、浄土平が近づいて来たんですね。