大井町 中華「宴華」と阪急 食品館 (9/28)2012年09月29日 17:26

昨日は昼食に大井町の中華料理屋「宴華」に行ってきました。

この辺りです

以前も一度訪れた店ですが、その時気になっていた日替わり麺を食べてみようとの思惑です。

以前の日記

2012_09_28_宴華_日替わりメニュー


日替わりのメニューはこんな感じ。

もちろん他にも普通のメニューが沢山有ります。

日替わりの定食が「揚げ豚肉とナスの辛し炒め」、麺が「カキ入りタンメン」、お粥が「ピータン入りお粥」ですね。

今日はもちろん日替わり麺を注文してみました。

それ以外に+150円で半チャーハンを付ける事が出来ます。
そっちの味も確かめたいので頼んでみました。

2012_09_28_宴華_かき入りタンメン


カキ入りタンメンです。

麺は太めのストレート、ちょっとチャンポン麺に似た麺です。
スープはタンメンの安心出来る塩味で、これにカキの旨味が沁み出して非常に良い味でした。

ちなみにカキは中くらいのサイズが4個か5個入ってました。

2012_09_28_宴華_半チャーハン


半チャーハンです。

パラリと仕上がった美味いチャーハンでした。

特徴はハムや肉の代わりに魚肉ソーセージが使われている点ですね。
150円ですから多少でも安い食材でないと赤字になりますね。

で、これがまた美味いんです。
チャーハンとその味付けに魚肉ソーセージの味が良く合います。

で、どっちも凄いボリュームでちょっと失敗したかなと思いましたが、必死に完食しました。
次回からは麺だけで充分ですね。

食後、阪急百貨店へ。

2012_09_28_阪急百貨店_アンコウ


アンコウです。
鍋を食べても大汗をかかないくらい、最近急激に涼しくなって来ましたね。

2012_09_28_阪急百貨店_サワラ


サワラ、漢字で鰆です。

春の魚と書くように、一般的には旬は春だとされているようですが、これはどうでしょうか。

確かに春は産卵で接岸する地域が有るので漁獲が有ると言う意味では正しいですが、本当に脂が乗って美味しくなるのは秋以降ですからね。

カツオとかも初鰹の名も有るように、春が旬とか言われてたりしてますが実際に脂が乗って美味しくなるのは秋だと言うのが一般的になってますね。

シイラなども真夏に黒潮に乗って本州近辺に現れて旬と言われますが、こいつは冬に脂が乗って美味しくなります。

良く獲れる=旬、美味い時期=旬、どちらも同じ呼び方をする為に混乱が有ると思うのですが何とかならないもんでしょうかね。