高知 遠征記 その12012年09月07日 09:43

時は8月17日 金曜日、休みが取れたのでちょっと遠征でもしようと家を出てみました。

今回は愛車のレガシーで出かけてみます。

と言うか、行き場所を決めていないので、何の釣りでも出来るように一通りのタックルを積み込むには車で移動するしか無いですしね。

候補は東北 秋田のライギョですが、気分によって場所を選ぶ予定です。

もそもそと5時頃に目を覚まして準備を始めますが、ちょっと寝坊しました。

お盆の時期にこの時間の出発だとちょっとキツそうです。

とりあえず準備を済ませてレガシーを東名高速川崎インターへと走らせます。

途中にある渋滞情報を見ると、都内方向に渋滞2キロ、名古屋方面は渋滞情報が有りません。

一瞬悩みましたが、今日は西に向かって走ってみる事にしました。
都内方向は首都高速に乗る頃にはもっと渋滞している可能性が有りますからね。

とりあえず釣り場の候補を考えつつ西に向かってみます。
中央高速から乗っていれば八王子ジャンクションから関越~新潟~佐渡ヶ島のルートが取れます。

まだ東名には乗ったばかりなので、このルートを候補とし素早く検討します。

佐渡ヶ島の小木港へまでのフェリーは直江津から出ます。
片道300キロくらい。
下道も入れると5時間弱くらいですかね。

これにフェリーで約3時間。
合計約8時間。

料金はたしか片道5、000円くらい。
フェリーが35、000円くらい。
ガソリンが往復10、000円。

交通費で55、000くらいですね。

釣りのターゲットはシーバス、根魚、ブラックバス、以前の調査釣行ではライギョは居ませんでした。

やっぱりフェリー代が高くて、佐渡島は単独行はもったいないですね。

今回はヤメときます。

100キロほど走ると沼津でここから伊豆方面に行けますが、渋滞嫌いの私が夏の伊豆に突撃するのは自殺行為ですね。
次回にしときます。

200キロほど東名を走ると掛川のバス野池群が有りますが、ゴールデンウイークに痛い目に会っているので論外です。

さっさと通過します。

250キロほどで浜名湖ですが、ここは手前が浅くて陸っぱりが主体の私には荷が重そうです。

「さわやか」のハンバーグは食べたいですが、まあ、釣りは無理ですね。
通過です。

ここを過ぎると少々思案が必要です。

小腹も空いたし、ちょっと眠くなったのでPAで休憩する事にしました。

2012_0817_09_新城PA


新城PAにちょうど木陰が有ったので、素早く飛び込みました。

このPAにはファミリーマートが有ります。
軽い軽食を摂れないかと探してみると、門前きしめんという店が有りました。

しかし、この店は自家製手打ち麺のきしめんらしくて、ちょっと値段が高めです。

ただのザルきしめんで795円、イナリ付きで約1,000円。
少なくとも私が入る店では有りませんでした。

仕方ないのでコンビニで飲み物だけ買って、車で仮眠する事にしました。

さあ、どこに行きましょうかね。